現在の待ち人数

ネット予約受付

CHECK UP
目の検査

当院でできる目の検査についてご説明いたします。

視力検査

視力検査

人間の目は、水晶体で焦点を合わせています。ちょうどカメラでいうレンズの働きをするものです。

その焦点をあわせる機能に、異常があるかどうかを調べる検査です。

矯正視力検査

矯正視力検査

視力検査を行うさいレンズ等をあてはめ、患者さんにとっての一番いい視力を探す検査です。

主に眼鏡やコンタクトレンズを作成する場合に行います。

眼底3次元解析検査(OCT)

眼底3次元解析検査(OCT)

網膜や視神経の詳細な観察をすることで、より詳しい病状の評価、疾患の早期発見をすることができます。

屈折・角膜曲率半径計測

屈折・角膜曲率半径計測

遠視、近視、乱視などの度合いがどの程度なのか知ることができます。コンタクトレンズのベースカーブを調べたり、最適な眼鏡処方をするために必須な検査です。

網障灯顕微鏡検査

網障灯顕微鏡検査

眼科の検査の中で必ずといってよいほど行う重要な検査です。

眼球を拡大して角膜、結膜、水晶体の異常を発見することができ、ほぼ全ての目の病気を診る際行います。

眼底検査

眼底検査

人間の目はピンポン球くらいの大きさの球状の形をしています。

その内周りに網膜という光を感じる細胞の集まりがあり、眼底と呼んでいます。

眼底には動脈、静脈が豊富にみられ、眼底に光を当てて直接診ることができます。

眼底に疾患があると視力に直接影響する場合が多いので、視力の異常、視野の異常が自覚された時は眼底検査が非常に重要となります。

眼底カメラ

眼底カメラ

眼底検査の際眼底の様子をカメラに収める検査です。

自動視野検査

自動視野検査

見えている範囲(視野)を調べる検査です。片目ずつ、あるいは両目で測定します。徐々に視野が欠けていく緑内障や、視神経炎、頭蓋内疾患、黄斑疾患など視野に影響のある病気を調べます。

両眼視機能検査

両眼視機能検査

人間の目は二つあることで遠近感や立体感を判断することができています。

この両眼機能検査は、そういった遠近感や立体感が正常かどうか調べる検査です。

眼鏡やコンタクトで矯正しても視力が出ない、弱視の症状の検査等にも使われています。

色覚検査

色覚検査

先天的な色覚異常の有無を確認したり、視神経疾患など色覚異常をきたす疾患を疑うときに行います。何枚かの絵(図)を見てもらい、数字を読んでいただきます。

簡単ネット受付予約と
受付状況
ONLINE RESERVATION

待ち時間の目安としてご参考にしてください。緊急度、検査内容によりご案内が前後する場合がございます。ご了承ください。
3名以下:10分以内
6名以下:30分以上
10名以上:60分以上

現在の待ち人数

ネット受付予約