現在の待ち人数

ネット予約受付

EYE IRRITATION
目が痛い

「目が急に痛くなる」場合、ゴミ等の異物以外の時には、病気の恐れがあります。
目が痛くなる病気について代表的なものを簡単に説明していきましょう。

目が痛くなる原因

目が痛くなる原因
目が痛くなる原因

急性緑内障発作

緑内障自体が普段痛みを伴うことはありませんが、急性発作を起こした時には、目の痛みや頭痛、吐き気等の強い症状を引き起こす場合があります。

緑内障は、点眼薬等でキチンと治療する必要がある疾患で、放置すると視神経を圧迫し、最悪視野狭窄や失明などの危険性もありますので、急性発作が発症した場合には直ちに眼科受診しましょう。

角膜異物・角膜炎・角膜びらん・角膜潰瘍

角膜とは黒目のことで、視力に影響を与える大事な部分です。

まつ毛やゴミ等の異物が入った時には、洗浄すればすぐに痛みは良くなりますが、作業中に硬い物質が角膜に刺さったりすると、激しい痛みだけではなく、その傷からバイ菌が入り炎症を引き起こす場合があります。

角膜に傷が付き、さらに角膜炎角膜びらん角膜潰瘍にまで進展してしまうと視力障害などを引き起こし、失明の危険性もありますので、早急に眼科受診をして下さい。

結膜異物・結膜炎

結膜とは白目のことで、まつ毛やゴミ等の異物が入った時には、洗浄で良くなります。

何らかの原因で、結膜炎が発症した場合も、点眼薬治療を行うことで、症状は軽快します。

帯状疱疹

水疱瘡(みずぼうそう)に一度かかったことがある人が、ストレスや免疫力が低下した時に、神経の中に眠っていたヘルペスウイルスが活性化して起こるのが帯状疱疹です。

どちらか片側だけに小さな水疱ができ、皮膚の表面を針で刺されるようなピリピリとした痛みが出現するのが特徴です。

体の抵抗力が弱っている時に出現しますので、「弱り目に祟り目」と表現される方がいますが、放置しておくと治りにくくなり、痛みが残ってしまうことがありますので、疑わしい症状が出た時にはすぐお近くのかかりつけ医にご相談下さい。

視神経炎

視神経に炎症が起きて、目の痛みが出現します。

痛みの他に急激な視力低下や色の識別がしにくくなる等の症状もみられますので、すぐに眼科受診をしましょう。

疲れ目・ドライアイ

目の酷使や乾燥により、目の痛みが出現する場合がありますが、涙の分泌が減少する病気が隠れている場合があります。

適度に休憩をはさみ、まばたきを意識しても、ドライアイや目の痛みが改善しない場合には、一度眼科受診してみることをおすすめいたします。

また、エアコンなどによる乾燥が影響している場合もありますので、環境を見直すことも必要です。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズが合わない、もしくは長時間装着していることで目の痛みが出現する場合があります。

目が痛い時にはコンタクトの装着を控え、普段からメガネを併用するなど、長時間の装着はしないように心掛けましょう。

麦粒腫

麦粒腫とは「ものもらい」のことをいい、まぶたの縁の存在する皮脂腺や汗腺に常在菌である黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が侵入し炎症が起きたことを指します。

まぶたの一部に発赤と腫れ、痛みが出現します。

数日すると自然に化膿した部分が破れて排膿し、治っていきますので、あまり心配はありませんが、病院で処方された点眼薬を使用することで回復が早まることもあります。

ゴミなどの異物が入ったわけでもないのに「目が激しく痛む」「目が急に痛くなった」「目の痛みが取れない」等の症状がある場合には、一度眼科受診することをおすすめいたします。

簡単ネット受付予約と
受付状況
ONLINE RESERVATION

待ち時間の目安としてご参考にしてください。緊急度、検査内容によりご案内が前後する場合がございます。ご了承ください。
3名以下:10分以内
6名以下:30分以上
10名以上:60分以上

現在の待ち人数

ネット受付予約