現在の待ち人数

ネット予約受付

RETINAL DETACHMENT
網膜剥離

網膜が何らかの理由で眼底から剥離した状態を網膜剥離といいます。
放置すると、失明の可能性が高い病気です。

網膜剥離とは

網膜剥離とは

人はものを見るとき、外から取り入れた光を網膜で電気信号に変換し、それを脳へ送ることで視覚を得ています。

網膜は眼の奥に広がる膜状の神経で、これが何らかの理由で眼底(色素上皮)から剥離した状態を網膜剥離といいます。

網膜をつくる視細胞への栄養は色素上皮を通して送られてくるので、剥離が起こると視細胞に栄養が届かなくなります。

結果、取り入れた光に対する感度が下がり、網膜剥離が起きている部分の視野が働きにくくなります。放置すると、失明の可能性が高い病気です。

裂孔原性網膜剥離について

裂孔原性網膜剥離は、網膜に穴(網膜裂孔)ができることで液化硝子体が入り込み発生します。網膜裂孔ができる原因は、中高年層と若年層で異なる傾向にあります。

中高年層

後部硝子体剥離が主な原因です。加齢によって減少した硝子体に引っ張らるようなかたちで、網膜に亀裂や穴ができます。

若年層

強い近視や眼への外傷が主な原因です。強い近視では眼球の奥行きが長くなるため、眼球の壁も薄くなります。これに伴って網膜にも薄い部分ができることがあり、網膜裂孔につながります。

非裂孔原性網膜剥離について

高血圧や糖尿病といった別の病気から生じる網膜剥離です。治療には、もとになっている病気の治療が重要です。

網膜剥離の症状

網膜剥離で現れる症状は、網膜裂孔の位置や大きさ、進行の程度、出血の有無などによって異なります。以下が頻出する症状です。

飛蚊症

視野にゴミや蚊のような影が浮かんで見える。

光視症

視野の端で、一瞬あるいは数秒間ほど光が走ってみえる。

視野欠損

網膜が剥離すると、視野が欠損します。網膜のなかの黄斑部で剥離が起こると、ものが歪んで見える、視力の大幅な低下などが現れます。

視野全体が暗くなる

網膜剥離に伴い硝子体で出血が広がると、視野全体が暗くなる、飛蚊症が悪化するといった症状が現れます。

網膜剥離の治療

網膜裂孔だけで網膜が剥がれていない場合、網膜凝固によって網膜剥離への進行を抑えられることがあります。

凝固の方法は、レーザーによる網膜光凝固と網膜冷凍凝固があります。

網膜剥離が進行している場合、手術が必要となります。網膜剥離の病状によって手術の方法は異なり、強膜バックル術または硝子体手術が選択されます。

簡単ネット受付予約と
受付状況
ONLINE RESERVATION

待ち時間の目安としてご参考にしてください。緊急度、検査内容によりご案内が前後する場合がございます。ご了承ください。
3名以下:10分以内
6名以下:30分以上
10名以上:60分以上

現在の待ち人数

ネット受付予約