現在の待ち人数

ネット予約受付

RETINAL ARTERY OCCLUSION
網膜中心動脈閉塞症

網膜動脈閉塞症とは、網膜に血液を送る動脈が詰まることで血流が途絶え、視力障害を招く病気です。

網膜中心動脈閉塞症とは

網膜中心動脈閉塞症とは

網膜動脈閉塞症とは、網膜に血液を送る動脈が詰まることで血流が途絶え、網膜細胞の壊死を招く病気です。

人はものを見るとき、外から取り入れた光を網膜で電気信号に変換し、それを脳へ送ることで視覚を得ています。

つまり、網膜細胞の壊死は視力に障害が現れることを意味します。

網膜中心動脈は心臓により近い動脈で、視神経乳頭で枝分かれして網膜全体に広がっています。網膜中心動脈が詰まることにより、網膜全体に血液が届かなくなります。

症状としてはシンプルで、突然痛みを伴わずに視力が失われます。この病気は眼科における救急疾患のひとつで、一秒でも早く詰まってしまった血流を再開させる必要があります。

網膜中心動脈閉塞症の原因

網膜中心動脈閉塞症の主たる原因として、動脈硬化との関連性が挙げられます。動脈硬化を引き起こす高血圧や糖尿病を予防すれば、網膜中心動脈閉塞症の予防にもつながります。

網膜中心動脈閉塞症の治療

網膜の神経細胞は、血流が途絶えて1時間ほどで壊死してしまいます。網膜中心動脈閉塞症では一刻も早い治療が必要となりますが、痛みを伴わないために眼科受診が遅れるケースが少なくありません。

治療が遅れるほど、視力には重い障害が残ってしまいます。

治療としては、眼球マッサージを行いつつ、栓溶解薬や亜硝酸薬血、網膜循環改善薬などを使用します。また、眼圧を下げるための手術や、高圧酸素療法を実施する場合もあります。

簡単ネット受付予約と
受付状況
ONLINE RESERVATION

待ち時間の目安としてご参考にしてください。緊急度、検査内容によりご案内が前後する場合がございます。ご了承ください。
3名以下:10分以内
6名以下:30分以上
10名以上:60分以上

現在の待ち人数

ネット受付予約