現在の待ち人数

ネット予約受付

VISUAL DISPLAY TERMINAL SYNDROME
VDT症候群

眼に溜まった慢性的な疲労は、様々な体の不調として表に出てきます。

VDT症候群とは

VDT症候群とは、パソコンなどのディスプレイを長時間見つめることにより、眼だけでなく体や精神面にも影響を及ぼす病気です。
※VDT:Visual Display Terminals(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)

現代人は朝から晩までスマートフォンやパソコンを使い続け、眼を酷使する生活を送っています。眼に溜まった慢性的な疲労は、様々な体の不調として表に出てきます。

VDT症候群とは

VDT症候群とは
VDT症候群とは

VDT症候群の原因

VDT症候群という名前のとおり、原因はパソコンやスマートフォンなどの連続使用です。

ディスプレイを見つめる作業時間が長くなるほど、眼や体の不調が現れます。眼を酷使し続けると単なる疲れ目ではなく、全身に不調が広がる眼精疲労の状態に陥ります。

日頃から首や肩のこり、頭痛などの症状に悩んでいる人は、眼精疲労が原因かもしれません。

VDT症候群の症状

VDT症候群では、眼のかすみや痛み、乾きや充血といった様々な症状が現れます。

さらに眼の疲労が蓄積すると、首や肩のこり、腰痛、頭痛、吐き気といった全身での症状が現れます。

またストレスを伴うことで、不安感や憂鬱感など精神面への影響も出てきます。

ほかにも、VDT作業ではまばたきの回数が減ることがわかっており、ドライアイを発症している人が増えています。

涙は単に眼を潤すだけでなく、角膜や結膜に栄養を届けたり、保護したりする働きがあります。

こうした力が弱まることで、眼の健康を損なう恐れがあります。

VDT症候群の治療

日頃の生活を改善し、VDT症候群の原因となる習慣を減らしていくことが早道です。

  • 1時間ごとに10~15分ほどの休憩
  • 適度に身体を動かして、緊張をほぐす
  • まばたきを意識的に増やす
  • 眼の乾燥を感じるときはコンタクトレンズの使用を控える
  • ディスプレイとの距離は40cm以上離す
  • パソコンの距離に合わせたメガネやコンタクトを使用する
  • ブルーライト対策(専用の眼鏡の使用やディスプレイの明るさを抑えるなど)

こうした対策のうえでも眼の不調が改善しないようであれば、早めに眼科医へ相談しましょう。

簡単ネット受付予約と
受付状況
ONLINE RESERVATION

待ち時間の目安としてご参考にしてください。緊急度、検査内容によりご案内が前後する場合がございます。ご了承ください。
3名以下:10分以内
6名以下:30分以上
10名以上:60分以上

現在の待ち人数

ネット受付予約